第百魔王、宇宙真理の反逆者とエンカウントする

生き物は、なんのために進化するのか?  宇宙に散らばる知的生命体の真の存在理由とは?  おそらくこのストーリーは、高次元からの妨害により完成することはにゃい。 未完で終わったときこそ、そこには真実が見えるのだ。

 ところでさ、いきなり話が変わってアレなんだけど。
 俺ら今、信州の山奥にいるんだよね。
 しかもさ、殺人予告されちゃって。
 いやー、まいったよね。
 第百魔王なんて、クソの役にも立たないじゃん。
 達成種だかなんだか知らねえけど、女一人説得できねえって、アホじゃねえかってぇーの。
 つか、よくよく考えたら、あの女の言うとおり、俺が死ねば人類はこのままなんだよな。
 よその連中に触れ回ったら、どうすんだよ。
 俺、大勢の人間にボコボコにされちゃうじゃん。

 あー、さて、ぼちぼち順番どおり話すとするか。
 背筋が寒いんだが、遺言だと思って聞いてくれ。
 いやー、もうシャレにならないって。
 あの女、ついさっきも鎌を片手に、俺を追い出そうとしたんだぜ。

 そもそもは、ヘソの脇のウロコを見つけて、何日後だったかなあ。
 俺の目の前に、突如として見慣れない男が現れたのよ。
 目の前と言っても、街中やそのへんの公園じゃないぜ。俺の部屋の中よ。
 ったく、気味が悪いよな。夜中に目が覚めたら男がぽつんと立っているなんて。俺の人格が誤解されるじゃねえかってぇーの。
 で、その時のこっちの狼狽ぶりは省略するけれど、それが第百魔王との出会いってわけ。
 何度でも繰り返すが、なんで俺なんだよ。地球には何十億の人間がいるってぇーのによ。

「というわけで、充と言ったか。森羅万象、古今東西、この世の生命体にはある宿命に縛られているわけだ。達成種と未達成種、この両者に分かれるのもその一つなのだが、この星の住民はようやく達成種に近づいてきた。ま、わたしの種族に比べれば大幅に遅れているが、なんにせよ鍵はおまえが握っている。しばらく、ここへ居候させてもらうぞ。万が一、おまえに何かがあると我々も少々困ったことになるのでな」
 寝ぼけ眼の俺に向かって、男はべらべらと一方的に喋りまくりやがった。
 こっちは話についていけねえし、ふと人の気配がして起きたら枕元に妙なのが立っているし。
 つか、というわけでって、なんだよ。
 俺が鍵握っているのなら、口に気をつけろってぇーの。
「あん? いわゆる幻覚か、これ。やっぱ、ノイローゼなのか、俺。来るところまで、来ちまったなあ。で、あんた、ヒャイハーク、なんだっけ? さっき確か名前言っていたよな」
「ライリャーク・マハーだ。ここから60万光年ほど離れた星から邪魔させてもらった。もっとも、わたしが母星にいることはほとんどないが。一つ付け加えておけば、達成種転換への導きをするのは今回で3回目だ。新米ではないし、悪いようにはしない。安心したまえ」
「ライ……? 何人だ、あんた。日本語話しているし、アジア人みてぇーけど」
「ライリャーク・マハー。確かにわたしの外見は、アジアの人種に似ているな。我々の祖先も、ゴールド種だったと言うし。まあ、おもしろい偶然だ」
 で、名前が発音しづらいだのなんだの、脇道にそれたキャッチボールを繰り広げた末、俺は男を第百魔王と呼ぶことにした。
 ライリャーク・マハーと、第百魔王。なんとなく近いだろう?
 なにより、このチープ感がいいよな。
 話の内容も意味不明だし、まともな名前で呼ぶなんてもったいねえ。
 名前っていうのは、もっと尊いものなんだ。
 少なくとも、幻覚の登場人物には出来すぎなくらいだわ。
 
 ま、その点は俺の勘違いだったんだけどな。
 だって、第百魔王の野郎、その後ずっと俺んちにいたわけだし。
 いくらなんでも、幻覚にしちゃ長すぎだわ。

 さて、俺の話はまだ続くし、これだけじゃ何がなんだか分からないだろう?
 けど、どうも気分が落ち着かなくてねえ。
 俺、ぶっ殺されちゃうのかなあ。
 火葬されて、骨まで金色だったら笑っちゃうよな。
 いや、本当。
 あの女、またここへ来るのかなあ。
 さっさと別の場所へ移ろうぜ、魔王ちゃん。


      (V)o¥o(V) つづく?
このエントリーをはてなブックマークに追加

 さーて。
 そもそもの話、おれは犠牲になるのが好きじゃねえ。
 てか、断るまでもないが、犠牲なんて状況をハナっから想定して生きているわけでもねえ。
 俺は俺のために生きているんだよ。そうだろう? 貧乏くじ引きたくて生きているヤツなんていねえよな。俺の考え、ごくフツーのことだよな?
 けどさー、なんつーの? そういうタイプに限って、厄介なことに巻き込まれたりしない? 
 間が悪いっていうか、なんていうか。
 楽に生きたいと思うほど、訪れるのはロクなことじゃなかったり。つまり、アレよ。おれなんて平凡な人間なわけよ。それがなんだって、まあ、進化のコンパス役なんかになっちまうんだか。
 そう、おれはコンパスなんだとよ。
 最初に気づいたのは、二週間前か? 
 ヘソの脇に妙なもの見つけちゃってさあ。
 たとえてみれば、ウロコ? なんだか、ちっこくて角ばったのがぴったり貼り付いてたのよ。
 爪先ではがそうとしたんだけど、それ、皮膚の一部みたいでさー。なんじゃ、こりゃ奇病か、ってびびったね。世の中には、肌が魚の鱗みてぇーになる病気もあるらしいし。でも、そんなの単なる序章にすぎなかったわけよ。
 いやー、まいっちゃうね。
 この先の話、聞きたい? 
 じゃあさ、シュークリーム食うから、ちょっと待っててくれよ。
 つか、俺がこんな目にあってるのは、あんたら一人ひとりのせいなんだぜ。
 あんたらが不景気なことばかり考えるから、俺がこんなことになっているわけ。
 くっそ迷惑な話だよなー。
 あんたらも、俺みたいになっちゃえよ。
 
  (V)o¥o(V) つづく?
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ